ナビゲーション リンクのスキップホーム > さくっと解決シリーズ > 音色コンテンツのインストールに失敗するムカムカをさくっと解決(Cubase 10.5 AI/LE)

音色コンテンツのインストールに失敗するムカムカをさくっと解決(Cubase 10.5 AI/LE)

このページは、2020年2月18日現在の情報に基づいて掲載しております。
情報の信頼性は、法令の改正や温暖化の進行具合、摂取したコラーゲンの量、ムカデがどの足から歩き出したか等の様々な事象の影響を受け、日々刻々と常に変化しております。

生まれてこの方、音楽は長らく聴く専門でありましたが、ひょんなことからSteinberg社のオーディオインタフェースを購入する機会が訪れまして、同梱ソフトウェアであるCubase 10.5 AI/LEをインストールすることになりました。

PCのソフトウェアをインストールするという行為そのものは、これまでの人生の中で幾度となく重ねてきたわけでありますから、特にインストーラが進化を遂げた現代にあっては、いつものようにさくっとインストールできるものとばかり思っておりました。

そう、あの忌まわしき「タスクが失敗しました。」が列記されたダイアログを目にするまでは。

インストーラの入った15GB近いZIPファイルのダウンロードなんてまだまだかわいいもので、そのZIPファイルを展開する行為も「まぁそんなこともあるかな」程度に捉えてワクワクしていたあの瞬間に帰りたい。

さてさて、いつものごとく前置きが長くなってしまいましたが、次のすべてに当てはまる事象に直面している方は本稿にてさくっと解決できると思います。

  • Cubase 10.5 AI/LEそのものはインストールに成功している(起動することができる)。
  • オーディオインターフェースも認識されている(オーディオインターフェースにマイクなどを接続して、Cubaseで音を拾うことができる)。
  • VSTインストゥルメントトラックを追加できる。
  • しかし、VSTインストゥルメントの音色を選ぶ画面に音色が何も表示されない。
  • MIDIパートを作ってMIDI機器叩いても、当然音が出ない。

VSTサウンドは、インストーラでインストールできない(場合がある)

このような事象に直面して懸命にググった結果、次のページにたどり着きました。
そうです、これが解決策です。
【Cubase 10 シリーズ】Cubaseの音色コンテンツを手動でインストールする方法は?(Windows) - ヤマハ

冒頭に次のような一文があります。

しかしながら、まれにコンピューターによっては、セキュリティソフトなどがインストールを阻害し、一部の音色コンテンツが正常にインストールされない場合がございます。
僕は2台のPC(いずれもWindows 10)にインストールする機会がありましたが、2台とも同じ事象になりましたので、僕の中では「必ず起きる事象」となっております。
少なくとも、Windows 10では必ず起きると思っておいた方がよさそうです。

VSTサウンドを、手動でインストールする

すでに上記のYAMAHAさんのページに答えが出ておりますが、何らかの事情で見られなくなったときに備えて、手順を書いておきます。

Cubaseの初期設定ファイルをリセットする

次のページに手順がありますが、先ほどと同じ理由で手順を書いておきます。
【Cubase 10 シリーズ】Windows 10環境におけるCubaseの「初期設定ファイルのリセット」方法は? - ヤマハ

以上で、手動インストールは完了です。
お疲れさまでした。

本サイトは、下記のサイトポリシーに同意いただいたうえでご利用ください。

サイトポリシー | お問い合わせ | 運営会社(株式会社GAIDE)

Copyright © 2016 GAIDE CO., LTD. All rights reserved.